I・O・M CO.,LTD. 株式会社アイオー・エム

Moretto乾燥

ガスとショートショットの発生原因

材料を必要以上に熱したときに成分が分解することでガスが発生したり、PAなど吸湿性の高い材料が乾燥不足のまま成形機のシリンダーに入り、溶融する際にガスが発生します。
ガスは、成形機及び金型に入り込むと、逃げ場が無くなり最終的にキャビティに入り込みます。
その時、ガスが邪魔して完全に材料を充填することが出来なくなり、ショートショットとなる場合があります。
もちろん、ショートショットは材料の乾燥状態のみで発生するわけではありませんが、ガスも原因の一つです。

  • 9

    OTX乾燥機外観

  • 10

    OTX乾燥機外観

  • 11

    スーパーコンピューター

対策

MORETTO社の取り扱う乾燥機を使用することで、

  1. 未乾燥・過乾燥などの乾燥ムラのないホッパー形状をしたOTXホッパーを 用いることで、乾燥不足によるガスの発生を防ぎます
  2. 処理能力の変動による過乾燥状態、つまり必要以上の熱を与えている状態が無いよう、エアー流量を自動制御する乾燥システムの為、乾燥ホッパー内などでのガスの発生を防ぎます MORETTO社に真空乾燥機がラインナップとして存在しないのは、上記のような技術が詰まった除湿乾燥機で対応することが可能だからです。 ガスの発生を乾燥機のホッパー形状や、制御方法を見直すことで防ぎ、材料を見直すことでガス焼けや、キャビティへのガスに入り込みによるショートショットの発生などを防ぐことが出来ます。

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ 平日:9:00~18:00

メールフォームでのお問合せ メールフォーム

ページトップ